Athlon/P−3(Socket370/A/462)
9cmFAN搭載
VTC90シリーズ 肉厚ベース構造+信越グリス
高性能FANコントローラー  VTC搭載スペシャルモデル

TOPへ

動作音のdB表示の目安

Athlonのダイ(Tcase)の稼動保障温度

CPUクーラーの重さについて

FANモーターの軸受構造についての一般的な特徴

静音から強風まで自動制御/VTC搭載Socket370Cooler
Silent series大口径9cmファン搭載で高回転時でも極静音

FANについてはこちら


通販についてはこちら

型番 VTC90S1709
JAN 4958996025704
型番 VTC90S2209
JAN 4958996025711
型番 VTC90S2809
JAN 4958996025728
型番 VTC90S3409
JAN 4958996025735

★マニア垂涎SNEのSilent seriesの大口径9cmFAN搭載。
★触れただけで分かる精密でシルクのように回る最高級品です。レンズの原器が練達した人の手の技で磨かれるように熟練した人の手によって作られた、“FANの原器”と呼びくなる手間ひまをかけた日本製のFANです。回転数を上げても静かに滑るように回ります。
★9cmファンは8cmと同じ回転数で比較すれば50%前後もの大幅な風量アップが期待できます。
★厚さ8mmとぶあつい特殊べース部が効率良くFINに熱を伝えます。
★信越化学工業(株)製の高性能サーマルグリスG751を採用していますのでサーマルグリスのバージョンアップは不要です。
★常温での最低電圧から、35℃を境に考えぬかれたアナログカーブでFANの電圧を60℃の12Vまで温度センサーの管理で上昇させます。
★ファンの最低回転を生かせるよう最低電圧は4Vから12Vの間で設定出来る優れものです。 これによって個々のファンのもつ最低回転数の静寂性能が引き出せます。 (一般的なマザーで行う調整範囲は7Vから12Vですので、SNE12VTC2では大幅に静音化が出来ます。)

★定格値で高速FANも常温域では低速で静音動作します。
★いざというときにFANが高回転になるので安心して静音動作が楽しめます。
★最大4台のFANが取り付けられます。
★高回転FANも低回転FANとして使えます。
スペック
型番 VTC90S1709 VTC90S2209 VTC90S2809 VTC90S3409
JANコード 4958996025704 4958996025711 4958996025728 4958996025735
対応ソケット AthlonXP/MP/Duron(Socket462:SocketA:Socket370/462)
P−V/セレロン(FCPGA2:FCPGA)
FANの型番 S1700SILENT9 S2200SILENT9 S2800SILENT9 S3400SILENT9
FAN定格 DC12V、0.09A、1700rpm、測定限界〜13dB、100,000時間
2ボールベアリング/パルスセンサー
DC12V、0.1A 、2200rpm、測定限界〜14dB、100,000時間
2ボールベアリング/パルスセンサー
DC12V、0.15A 、2800rpm、測定限界〜19dB、100,000時間
2ボールベアリング/パルスセンサー
DC12V、0.24A 、3400rpm、12dB〜26dB、100,000時間
2ボールベアリング/パルスセンサー
FAN寸法 92×92×25mm 92×92×25mm 92×92×25mm 92×92×25mm
コネクタ 3PINmorex2695または同等品:金メッキ 3PINmorex2695または同等品:金メッキ 3PINmorex2695または同等品:金メッキ 3PINmorex2695または同等品:金メッキ
回転数 1700rpm 2200rpm 2800rpm 3400rpm
ヒートシンク部 品番SNE797AL−SF(6cmFANモデル)
ヒートシンク素材 アルミ6063−T5
アルミ部製造法 Cold forged Aluminum
ヒートシンク部寸法 80×70×44.5(H)mm/ベース部厚さ8mm
サーマルインターフェース 信越化学工業(株)製G751/導熱率4.5W/m・K
全体寸法 92×92×86(H)mm /435g
重量 435g
FANスピード管理 コントローラー本体品番 SNE12VTC2
3P(CPUクーラー用コネクタ)2個+2Pコネクタ2個の合計4個
電圧範囲 4V〜12V
定格 12V、1A(max 2A)
Thermal Post SNPC007L/R 各1個(実用新案申請中)
コントローラーの取り扱い説明はこちら
対応CPU AthlonXP/MP3200+ AthlonXP/MP3400+ AthlonXP/MP4000+ AthlonXP/MP4000+
発熱量の多いCPUでの使用は、ケースの排熱、風の流れ、CPUの温度にに細心の注意を払ってご使用ください。簡単に冷やしたい場合は回転数の高いモデルを選択して下さい。

 

 

 
HOME   インターネット通販

ystem etwork ngineering CO.,LTD    システムネットワークエンジニアリング

hanbai@sne-web.co.jp