P−4(Socket478)
ロープロの スタンダード

TOPへ

 

CEP4789AL−SF
定価 オープン
JAN 4958996998206
★独自の取付け方法により小さな取付けスペースに大型のヒートシンクを搭載出来ました。
★独自の取付け方法及び、取付けに断熱材であるプラスチックを使用しないフルメタル構造になっています。
★フルメタル構造なので強度も抜群です。
★高さ55mmのロープロファイル用ながら70mmの大口径FANで29.8CFMの 大風力と36.5dBと静穏仕様です。
★高性能サーマルグリスを採用しています。
★オーバー3Gの冷却性能を堪能出来ます。
★取付けが簡単です。

「PC USER 11月24日号」からの転載

 エスエヌイーが発売しているTaiSol製のCEP4789AL−SFは、数少ないmPGA478版のPentium4に対応したCPUクーラーである。現在、Pentium4のほとんどはリテールパッケージで販売されており、CPUクーラーが同梱されているので、別途クーラーを必要とするユーザーは少ないかもしれない。しかし、インテルが規定したリテンションキットとリテールパッケージのCPUクーラーを利用した場合、mPGA478ソケットの周辺が大きくたわんでしまう。リテンションキットの力がかかる部分とソケットの中心部が離れていることが原因で、大丈夫かと心配になるくらい基盤が曲がる。本製品は、そのたわみを抑える機構を備えたCPUクーラーである。
 CEP4789AL−SFはマザーボードに付属するリテンションキットは使用しない。そのかわり、製品に同梱される専用の金属台座を使用する。この台座はmPGA478ソケットの裏側に力がかかるよう設計されており、マザーボードの裏側から取付けて、CPUとヒートシンクを固定用金具の付いた70mmFANでサンドイッチにするのだ。これならマザーボードにかかる負担が小さいうえ、フルメタル構造のため強度も高い。ノイズも少なく音も比較的静かだ。着脱もリテール版クーラーより格段に容易である。マザーボードのたわみが気になるユーザーや、クーラーを頻繁に着脱するようなユーザーに特にお勧めしたい製品だ。

CEP4789AL-SF-naname.jpg (185858 バイト)
CEP4789AL-SF-bara.jpg (105776 バイト)
CEP4789AL-SF-buhin.jpg (14405 バイト)
CEP4789-ura.jpg (33089 バイト)
←真ん中の白い四角い部分はサーマルグリスなので、指でさわらないでください。

スペック
定格電圧 12V DC
定格電流 0.24A
定格入力 2.88W
回転数 3800rpm
最大風力 29.8CFM
FAN 70.000時間/1ボールベアリング
/ロープロファイル高さ11mm/70mm角
コネクタ 3ピン モレックス2695又は同等品
承 認 UL,CSA,VDE,CE
ヒートシンク素材 AL6063−T5
加工方法 EXTRUSION加工(ヒートシンク一般に使用されるアルミ押出し加工)
サーマルインターフェース 高品質グリス Dow corning DC340
寸 法 88×75×55(mm)
重 量 410g(全重量)
対応CPU

P−4 3.2G対応

動作音 34.5dB

温度管理にはこちらの商品がお薦めです。

定 価 オープン

         ◆取付け手順◆

CEP4789-1.jpg (28964 バイト)
@ベース金具を置きます。
CEP4789-2.jpg (28953 バイト)
Aマザーボードに金具をさします。
CEP4789-3.jpg (43524 バイト)
B上からブッションを4ヶ所写真の様に差します。
CEP4789-4.jpg (36675 バイト)
Cヒートシンクの裏のグリスカバーをはずし、グリス面をさわらずにグリス部分をCPUに正しく密着させてください。
CEP4789-5.jpg (61518 バイト)
DFANがついた固定金具をヒートシンクの上からポールに入れてゆっくり差し、ポールにロックさせる。
CEP4789-6.jpg (51422 バイト)
Eロック金具を回転させ写真のようにロック
させて完了です。

 

CEP4782AL−SF
定価 オープン
JAN 4958996998190
★一般的な取付け方法ながらFAN取付部がメタル構造の為、高い強度と冷却性を達成し ています。
★高さ50mmのロープロファイルです。
★高性能サーマルグリスを採用しています。
★3.06G対応です。
★取付けが簡単です。マザーのリテンションにそのまま着けることが出来ます。
★冷えと強度を増す金属製のバックパネルが付いています。
★リテンションモジュールも付いています。

CEP4782AL-SF2.jpg (87183 バイト)
CEP478AL-SF-bara.jpg (28002 バイト)
CEP478AL-SF-ura.jpg (55784 バイト)
←真ん中の白い四角い部分はサーマルグリスなので、指でさわらないでください。
スペック
定格電圧 12V DC
定格電流 0.24A
定格入力 2.88W
回転数 3800rpm
最大風力 29.8CFM
FAN 70.000時間/1ボールベアリング
/ロープロファイル高さ11mm/70mm角
コネクタ 3ピン モレックス2695又は同等品
承 認 UL,CSA,VDE,CE
ヒートシンク素材 AL6063−T5
加工方法 EXTRUSION加工(ヒートシンク一般に使用されるアルミ押出し加工)
サーマルインターフェース 高品質グリス Dow corning DC340
寸 法 84×69×50(mm)
重 量 370g(全重量)
対応CPU

Intel  P−4・Socket478
3.06G対応

動作音 34.5dB

温度管理にはこちらの商品がお薦めです。

定 価 オープン

           ◆取付け手順◆

CEP4782-1.jpg (44017 バイト)
@ベース金具を置きます。
CEP4782-2.jpg (38360 バイト)
Aマザーボードに金具をさします。
CEP4782-3.jpg (35761 バイト)
B図の部品を上からはめ込みます。
CEP4782-7.jpg (38067 バイト)
C4つの角を付属のネジでとめます。
CEP4782-4.jpg (46595 バイト)
D上にヒートシンクを写真の様にのせます。
この時、ヒートシンクの裏側のグリスに手を
ふれないように気をつけてください。
CEP4782-5.jpg (42230 バイト)
Eその上にFANがついた金具をのせます。

CEP4782-8.jpg (40685 バイト)CEP4782-9.jpg (35222 バイト)CEP4782-10.jpg (23192 バイト)
F写真の様に黒いプラスチック部分に金具をはめこみます。

CEP4782-5.jpg (42230 バイト)
G4ヶ所しっかりはめこむと図のようにな
ります。
ロック金具を回転させ写真のようにロック
させて完了です。
CEP4782-6.jpg (56235 バイト)
Hこれで完成です。


動作音のdB表示の目安

Athlonのダイ(Tcase)の稼動保障温度

CPUクーラーの重さについて

FANモーターの軸受構造についての一般的な特徴

 

 

 
HOME   インターネット通販

ystem etwork ngineering CO.,LTD    システムネットワークエンジニアリング

hanbai@sne-web.co.jp